アロベビーは大人も使える?年齢肌・ニキビ・アトピーへの効果

アロベビーは大人も使えるの?⇒年齢肌・ニキビ・アトピーへの効果まとめ

 

赤ちゃんのスキンケアとして人気のアロベビーミルクローション

 

楽天のベビーローションランキングでも、常に上位にランクインしています。

 

 

そんなアロベビーですが、育児中の忙しいママさんからすると…

 

  • 大人が使うのもあり?
  •  

  • 年齢肌・ニキビ・アトピーなどにも良いの?

 

そんな疑問も浮かびますよね。

 

そこでここでは、アロベビーを大人が使う事についてまとめてみました。

 

アロベビーには、保湿以外にも年齢肌のケアに頼もしい成分が配合されています
詳しくご紹介していますので、是非参考にしてください。

 

 

 

 

 

アロベビーミルクローションは大人も一緒に使える

 

アロベビーの特徴は”99%以上が天然由来成分である”ということです。

 

中でも植物由来のものが多く、例えば…

 

シア脂

 

高い保湿作用をはじめ、紫外線によるダメージをケアしたり、皮膚粘膜の修復を促す作用があります。

 

また”36℃以上で固形から液状に変化する”という特徴があるので、マッサージしていくことでゆっくり肌に浸透していきます。

 

産後はママさんの肌も敏感になっている時期です。

 

肌に負担がかからない使用感を演出してくれるので、低刺激な保湿ケアができます。

 

 

ホホバ種子油

 

最も安全なオイル”と言われていて、人工心臓の潤滑液としても使われています。

 

保湿作用はもちろん、

 

  • 皮脂バランスを整えることで、毛穴の黒ずみなどをケアしてくれる
  •  

  • コラーゲンなど、肌の弾力成分の分解を防ぐ

 

といった効果にも期待できます。

 

最初に現れるエイジングサインは、”肌の弾力低下”と言われています。

 

それを聞くと、出産を機にシワが目立ちだすことにも、納得ですね。

 

ホホバオイルには肌の弾力を維持してくれる効果が期待できるので、年齢肌が気になる始めたママさんのケアにもオススメです。

 

 

オリーブ油

 

母乳や皮脂に近いオレイン酸を豊富に含んでいて、安全な保湿ケアができます。

 

肌の角質層はバリア機能の要となる場所で、主な構成成分は”セラミド”と言われています。

 

オリーブ油にはそんなセラミドの働きをサポートする働きがあるため、バリア機能を高め、敏感になった産後の肌を守ってくれます。

 

他にも、アンチエイジング作用が注目されているビタミンEや、荒れた皮膚粘膜を修復するビタミンAなども含まれています。

 

 

 

 

アロベビーには、このような作用を持った成分が配合されており、高品質な美容オイルに近くなっています。

 

低刺激な保湿ケアができるだけでなく、肌荒れを修復してくれたり、年齢肌にもアプローチできるということで、大人の方でも問題なく使うことができますよ(^^)

 

 

 

 

 

大人の方の口コミを紹介

 

アロベビーを使った大人の方の口コミをチェックしてみましょう。

 


毎日お風呂上りに使っていますが、1本でも十分潤います。
冬はしっとり肌を維持することができ、夏は軽い使用感なので重たくならずにケアができます。
注文日に即日発送してくれるなど、メーカーさんの対応にも満足です。

 


『育児中はしょうがない』とサボっていたせいか、カサカサの乾燥肌に・・・
娘に使っていたアロベビーが大人にも良いと聞き使ってみると、ハリが戻ってツルツルなお肌になりました。
もう少し早く使い始めたかったです。

 


赤ちゃんと一緒にアロベビーを使用中。
乳液のようなテクスチャーなので、保湿力が長時間持続します。
娘も私も、キレイなお肌を維持できているので助かっています。

 

このように、普段のスキンケアとしてアロベビーを使っているママさんも大勢いらっしゃいました。

 

 

 

 

 

アロベビーは大人ニキビにも良いの?

 

大人ニキビの原因は、食事や睡眠などの生活習慣やストレスが関係しているので、アロベビーだけを使っても治るとは言い切れません。

 

ただ、”ニキビを予防するためのスキンケア”としては優秀なので、その作用をご紹介していきます。

 

 

皮脂量を抑えてくれる

 

大人ニキビの原因の1つに、”乾燥することで皮脂が過剰に分泌され、それが毛穴を詰まらせる”という事があります。

 

皮脂には肌を保湿する役割もあるので、乾燥した場合は、それを補うように過剰に分泌されるようになる

 

先にも紹介させていただいたように、アロベビーには保湿に加え皮脂量を調節してくれるホホバオイルが配合されています。

 

この成分が”乾燥と皮脂の分泌量コントロール”の2つにアプローチしてくれるので、ニキビができにくい肌作りに貢献してくれます。

 

他にも、皮脂に近い成分であるオリーブオイルなどが配合されているので、敏感なニキビ肌にも負担をかけずに使うことができます。

 

 

 

肌の炎症を抑えてくれる

  

 

アロベビーには植物成分が豊富に配合されていて、その中には、ニキビの炎症を抑えてくれる作用を持ったものもあります。

 

例えば…

 

  • イタドリ根エキス:肌の炎症を抑えると共に、免疫機能を整えて落ち着かせる
  •  

  • オウゴンエキス:肌の炎症を抑え、ニキビや肌荒れが悪化しないようにしてくれる

 

このような成分です。

 

 

 

 

アロベビーは皮脂量をコントロールしたり、肌の炎症を抑えてくれる効果が期待できるので、ニキビのケアとしても優秀と言えます。

 

 

 

 

 

アロベビーは大人のアトピーにも使える?

 

アトピーは、普段ならなんともない刺激に対しても、肌が過剰に反応を起こしてしまう状態です

 

乾燥もひどく、肌のバリア機能を担う角質層が薄くなってしまうことで、とても敏感になっているということです。

 

その為対処法としては、保湿をして角質層のバリア機能を取り戻すことが大切になります

 

 

アロベビーは天然成分が主となっているので、アトピー肌の方でも負担をかけずに使うことができます。

 

また肌の炎症を抑えてくれる作用もあるため、悪化を防ぎつつ着実に肌の機能を整えてくれるといった効果が期待できます。

 

アトピー肌を保湿し、炎症も落ち着かせてくれる。

 

 

 

使用前にはパッチテストを実施

全員の肌に合うケア用品はなかなありません。

 

万一の場合を考え、アロベビーを使う前にもパッチテストを行いましょう。

 

【パッチテスト手順】
@腕や足にアロベビーを塗布
A1〜2日様子を見て、赤みなどが無ければ問題なく使用できると判断する

 

 

アトピー肌ははただでさえ敏感です。
何を使うにしても、はじめは慎重に行きましょう。

 

 

 

 

 

赤ちゃんと一緒にアロベビーを使う際のポイント

 

赤ちゃんと一緒にアロベビーを使う場合、順番を工夫することが時短ケアにつながります

 

 

というのも、アロベビーには”体温で溶けながらゆっくり浸透していく”という特徴がります。

 

その為、まずは赤ちゃんをゆっくりマッサージしてあげて、ママの手を温めます。

 

その後、温まった手でママのケアをしてあげることで、素早く成分が浸透してくれます。

 

 

育児中はスキンケアの時間も十分に作れないことが多いです。

 

赤ちゃんのケアもしっかりできて、ママのケアも時短できる

 

そんな方法なので、良ければ参考にしてください。

 

 

 

コラム:入浴後は遅くても10分以内に保湿する

入浴中は、一時的に肌の水分量が増加します。

 

しかし肌の保湿成分が流れてしまうため、入浴後は急激に乾燥が進んでいきます。

 

入浴後15分で入浴前の水分量に戻る』と言われているので、出来れば5分以内、遅くとも10分以内には保湿をしてあげましょう。

 

早ければ早いほど、入浴前より多くの水分を閉じ込めることができます。

 

(余裕がある方は、『化粧水⇒アロベビー』という感じで併用するのもオススメです)

 

 

 

 

 

まとめ

 

産後は肌質が変わりやすく、年齢肌が気になり始めるターニングポインといえます。

 

先輩のママさん達から、

  • 産後にニキビが増えた
  • シミ、シワが急に増えた
  • 湿疹ができた
  • イボができはじめた

 

という声を聞いたことがある方も、多いのではないでしょうか。

 

そんな時期に、お肌のケアをサボりたくないですよね。

 

 

アロベビーは赤ちゃん向けに作られているので、敏感肌の方でも問題なく使用できます。

 

成分を見てみても高品質な美容オイルに近くなっているので、質の高いケアが行えるといえるでしょう。

 

忙しくて時短したいけど、スキンケアの質は落としたくない

 

という方は、赤ちゃんと一緒にアロベビーミルクローションを使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

補足

 

 

アロベビーは公式サイトから単品購入した場合に限り、”30日間の返金保証”が利用できます。

 

初めての購入を検討されている方は、そちらからお勧めです。

 

よければ参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

【関連記事】