アロベビーで乳児湿疹ケア⇒ロコイド軟膏と併用は大丈夫?

アロベビーで乳児湿疹ケア:ロコイド軟膏と併用はできる?

 

楽天のベビーローションランキングでも1位に輝くほどのアロベビーミルクローション

 

乾燥や湿疹のケアとして、多くのママさんから支持されているようです。

 

 

乳児湿疹ができた場合、よく皮膚科ではロコイド軟膏(ステロイド)が処方されることがあります。

 

炎症を抑えてくれるお薬ですが、アロベビーとの併用はできるのでしょうか

 

またロコイドとアロベビーでは、どちらが乳児湿疹のケアにオススメなのでしょうか。

 

ここではその辺りを中心に、まとめさせていただきました。

 

 

 

 

 

アロベビーとロコイド軟膏の併用はOK

 

一般的に、保湿クリームとステロイドを併用することは可能です。

 

しかし順番に注意する必要があり、『最初に保湿剤⇒後からステロイド』という感じで塗るのがポイントです。

 

最初にステロイドを塗ってしまうと、保湿剤を塗るときにステロイドを必要以上に塗り広げてしまい赤みが出る場合もあります。

 

アロベビーと併用する際は、

 

  1. アロベビーを塗る
  2.  

  3. ステロイドを塗る

 

この順番を意識してください。

 

別の物と使う場合は、薬の種類や強さなどが変わる可能性があります。
併用する前には、主治医の先生に一度確認するようにして下さい。

 

 

 

補足:ロコイドとは?

ステロイド剤の1つで、5段階あるうちの4段階目の強さ『やや弱い』に分類されています。

 

低刺激ではありますが薬剤なので、自己判断で併用したりしないようにしてください。

 

副作用が心配な方もいらっしゃると思いますが、長期間の服用や注射によるものが多いので、医師の指示通り使っていれば問題ありません。

 

 

 

 

 

アロベビーミルクローションの乳児湿疹への効果

 

アロベビーの特徴は、『植物成分が豊富で、炎症を抑えてくれる作用がある』という事です。

 

例えば…

ホホバオイルやシアバターなどの成分は肌に潤いを閉じ込めながら炎症を抑えたり、傷ついた皮膚粘膜を修復してくれる作用が期待できる。

 

またイタドリ根エキスやオウゴンエキスには、肌の炎症を抑える作用が期待できる。

 

 

実際に口コミを見ても、保湿力に関するコメントよりも『乳児湿疹が治まった』という声が多くなっています。

 

中には『ロコイドでは治まらず、アロベビーで良くなった』という内容のものもみられます。

 

 

ステロイドは頼もしい薬ですが、肌の炎症を抑えるという作用しかありません。

 

アロベビーは炎症を抑えつつ保湿するため、肌のバリア機能が整うことで刺激による肌トラブルを予防することにもつながります。

 

薬で一時的に抑えるよりも、より根本的なケアができるといえるのではないでしょうか。

 

 

赤ちゃんん肌トラブル

赤ちゃんの角質層は大人の半分しかない”と言われています。

 

角質層はバリア機能としても重要な場所なので、それだけ些細な刺激でもトラブルにつながりやすいということです。

 

肌は潤うことでバリア機能が発揮できるので、乳児湿疹のケアと保湿ケアが一緒にできるアロベビーは、赤ちゃんのスキンケアにオススメと言えます。

 

 

 

 

 

まとめ

 

アロベビーは、ロコイド軟膏と併用することが可能です。

 

ただ薬と一緒に使うことになるので、主治医に確認をとってから使うようにしましょう。

 

 

アロベビー自体にも肌の炎症を落ち着かせてくれる作用があるので、心配な方は”薬を中止してアロベビーに切り替える”という方法も1つかと思います。

 

また公式サイトから単品購入した場合は”30日間の返金保証”が使えるので、お試しで使ってみるのもオススメです。

 

定期コースは対象外。

 

 

 

 

 

赤ちゃんの頃からスキンケアをすることで、”アトピーの発症リスクを抑えることができる”と言われています。

 

将来肌トラブルに悩まないために、できることをしてあげたいですね。