アロベビーとヒルドイド┃それぞれの特徴〜使い分け方まで

アロベビーとヒルドイド:それぞれの特徴と使い分けから

 

『乾燥から乳児湿疹のケアまでできる』と人気のアロベビーミルクローション

 

楽天のベビーローションランキングで1位に輝くほど、人気になっています。

 

 

赤ちゃんの肌トラブルに悩む方の中には、病院でヒルドイド軟膏を処方されることもあるかもしれません。

 

そこでここでは、

 

  • アロベビーとヒルドイドの特徴と安全性は?
  •  

  • 同じ時期に併用しても良いの?

 

そんな疑問が解決できるよう、”それぞれの特徴から使い分け方”についてまとめてみました。

 

ヒルドイドは薬なので、リスクがゼロというわけではありません。
安心してスキンケアに取り組めるよう、是非参考にしてください。

 

 

 

 

アロベビーとヒルドイドの特徴と安全性

 

まずは、2つの特徴と安全性を確認していきましょう。

 

アロベビーミルクローション

 

アロベビーはオーガニックにこだわられた保湿剤で、『99%以上が天然由来成分』という特徴があります。

 

そしてオーガニック製品としての品質が認められ、エコサート認証にも合格しています。

 

エコサートとは?

 

フランスに本部がある、オーガニックの認定機関のことです。

 

  • 全成分の内95%以上が天然成分
  •  

  • 化学成分が5%未満

 

という条件を満たすことで、認められます。

 

 

その中でも植物由来の成分が多く、

  • ホホバオイル:高保湿ケア
  •  

  • シアバター:保湿、紫外線による肌のダメージケア、傷ついた皮膚粘膜の修復
  •  

  • オウゴンエキス:肌の炎症を抑える
  •  

  • イタドリ根エキス:肌の炎症を抑え、免疫機能を整える

 

というように、保湿に加えて乳児湿疹など肌の炎症を落ち着かせてくれる効果が期待できます

 

市販されているものは、保湿ケアだけを行うものが多いです。
この”保湿だけでなく、肌荒れのケアにも貢献してくれる”という事が、アロベビー最大の強みといえます。

 

安全面に関しても、エコサート認証を受けていること以外に、アルコール・シリコン・鉱物油・合成ポリマー・石油系界面活性剤を使用しておらず、低刺激な処方になっています。

 

 

 

ヒルドイド

 

症状がひどい場合にはステロイドが、そして落ち着いてくるとヒルドイドが処方されることが多いです。

 

少し心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、ヒルドイドにステロイドは入っていないので、安心して使う事ができます。

 

 

ヒルドイドは外気中の水分を引き付けて保湿する作用に加え、ヘパリン類似物質という成分が血流を促すことが特徴です

 

その為皮膚の代謝を高めることで回復を早めたり、腫れを軽減してくれる効果にも期待できます。

 

 

しかしこの『血流を促す』という事が良くも悪くもあり、炎症がひどい肌に使ってしまうと症状を悪化させてしまう場合もあります。

 

低刺激で安全とは言っても、薬であることに変わりはありません。

 

肌の様子をしっかりと医師に伝え、指示の下で使うようにしてください。

 

顔は皮膚が薄いので、よだれかぶれなどに使った場合は炎症悪化の原因になることもあります。

 

さらにその弱った肌から食物のアレルゲンが侵入した場合、アレルギー反応を起こしたり、ひどい場合はアトピーへと発展するケースもあるようです。

 

 

 

 

 

2つの特徴をまとめると、

 

  • アロベビー:普段の保湿ケアに加え、乳児湿疹などの肌荒れにもアプローチできる.
  •  

  • ヒルドイド:保湿ケアに加え、ある程度症状が落ち着いていれば、傷の修復に効果が期待できる.

 

このような感じになります。

 

 

ヒルドイドとベビーローションを、同じ時期に使っても良いの?

この場合も、医師に相談するようにしましょう。

 

どのタイミングで使うのかなどは、先生の指示に従うようにしてください。

 

 

 

 

 

ヒルドイドとアロベビーの上手な使い分け方

 

どんなケアをするのかは、肌トラブルの強さによって変わります。

 

例えば…
  • 炎症が強い:ステロイドで症状を抑える
  • 回復に向かっている:ヒルドイドで、保湿しながら修復を早める
  • 普段のスキンケア・軽い乳児湿疹など:アロベビーで、保湿+炎症を抑えるケア

 

このような感じです。

 

 

その為、”どれが良いの?”というよりも、”時期によって対応が変わる”ということを踏まえてケアを行うと、上手に使い分けることができるはずです。

 

 

赤ちゃんの肌荒れは、汗・雑菌・食べこぼし・おしっこ・うんちなどの”外部刺激”がきっかけになることが多いです。

 

肌は潤ってこそバリア機能が発揮できるので…

 

普段はアロベビーなどの保湿ケアで、刺激に負けない丈夫な肌を作る

 

肌トラブルを繰り返したり悪化するような場合は、薬に頼る

 

当たり前ですが、このようなケアがベターかと思います。

 

アロベビーの口コミを見てみると、『敏感な顔はアロベビーで、体はヒルドイドを塗っている』という方もいらっしゃいました。
肌の状態を見て、そんな風に使ってみるのも良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

まとめ

 

アロベビーもヒルドイドも、メインとなる作用は”保湿”です。

 

それに加えて、

 

  • アロベビーは、肌の炎症を落ち着かせる
  •  

  • ヒルドイドは、血流を促して傷の修復を促す

 

という効果が期待できます。

 

状況に応じて、効果的なものを取り入れてみてください。

 

 

 

 

※よければこちらの記事も参考にしてください。