アロベビーで口周り・首のただれケア⇒放置はアトピーの危険も…

アロベビーでただれケア:口周りや首の湿疹はアトピーになる可能性アリ?

 

ベビーローションの中でも人気のアロベビー

 

 

口周り、首元のただれに使用を検討されている方もいらっしゃると思います。

 

ですが、

 

  • 軽いただれでもケアした方が良いの?
  •  

  • 本当に効果があるの?
  •  

  • 安全に使えるの?

 

そんな風に思うこともありますよね。

 

 

そこでここでは、ただれを放置しておくとどんなことが起こるのかについて触れた後で、アロベビーの有効性についてまとめてみました。

 

 

 

 

 

放置は危険!?最悪アトピーへ…

 

口の周りや頬のただれは、よだれかぶれや食べこぼしが原因であることが多いです

 

 

赤ちゃんは歯が生え始める頃になると指しゃぶりを始め、唾液が大量に出るようになります。

 

口周りや頬によだれがつくと、蒸発するときに肌の水分まで一緒に奪っていき乾燥しがちに…。

 

乾いた肌はバリア機能が低下している状態なため、ただれてきてしまいます。

 

首のただれはよだれが原因の場合もありますが、汗の影響も大きいです。

 

 

ただれた肌は薄く敏感になっている状態なので、ちょっとした刺激、例えば離乳食が少し触れてしまうだけで過剰なアレルギー反応を起こしてしまうことも

 

そして最悪の場合、それがきっかけでアトピー性皮膚炎を発症することもあるんです。

 

『少し赤いくらいだから大丈夫!』と楽観的に見ていると、重症化する可能性もあるという事ですね。

 

アトピー性皮膚炎は、些細な刺激に対して肌が過剰に反応している状態です。

 

バリア機能が低下した状態で刺激が加わり続けることで、アレルギーのきっかけとなるアレルゲンが、肌から侵入しやすくなってしまいます。

 

 

赤ちゃんのよだれや食べこぼしなどを防ぐことは、なかなか難しいと思います。

 

そこで、アロベビーのような化粧品に頼ってみるというのもオススメの方法となるわけです。

 

 

 

 

 

アロベビー:ただれケアにおける2つのメリット

 

繰り返しになりますが、ただれている状態は、肌は角質が薄くなってバリア機能が低下しているといえます。

 

肌は潤うことで初めてバリア機能が発揮されるので、保湿ケアが大切になります。

 

 

アロベビーの保湿作用には、赤ちゃんの肌をケアするための2つのメリットがあり、

 

それは…

 

メリット1:低刺激

 

赤ちゃん向けのケア用品なので当たり前ですが、アロベビーは安全面に考慮されています。

 

具体的には、

 

  • 肌への刺激が強いとされる、添加物を不使用
  • (合成ポリマー、シリコン、アルコール、鉱物油、石油系界面活性剤)

     

  • オーガニック製品としての安全性を保証する、エコサート認証に合格している

 

ということです。

 

 

特にエコサート認証というのは”世界レベルのオーガニック基準”で、

 

 

95%以上が天然成分で、化学成分の割合が5%未満』という条件を満たしていることで認定されます。

 

厳しい審査をクリアして品質が認められているため、赤ちゃんのただれにも安心して使うことができます。

 

薬局の市販品などは、保存するために強力な防腐剤が配合されているものも多いです。

 

アロベビーは99%が天然成分なので、口に入ってしまっても問題ありません。

 

口の周りのただれ・乾燥をケアすることはもちろん、リップの代わりにも使うことができます。

 

 

高保湿+肌荒れケア

 

アロベビーは、ホホバオイル・シアバター・オリーブ油など、高品質な美容オイルのような成分が配合となっています。

 

これらのオイルの特徴は、人の皮脂にも含まれるオレイン酸を含んでいるという事。

 

その為肌になじみやすく、安全に高保湿ケアを行うことができます。

 

また保湿作用以外にも、

 

  • ホホバオイル:肌荒れを予防する
  •  

  • シアバター:傷ついた皮膚粘膜を修復する

 

といった作用もあるため、ただれた肌をケアしてくれる効果にも期待ができます。

 

他にも、オウゴンエキスといって肌の炎症を抑えてくれる成分や、イタドリ根エキスという免疫機能を整えてくれる成分も配合されている。

 

 

 

 

『低刺激で質の高い保湿ケアができ、尚且つ肌荒れを落ち着かせてくれる成分も配合されている』

 

という事が、アロベビーのただれケアにおけるメリットです。

 

他にもベビーローションはたくさんありますが、日本製で天然成分にこだわられたものを選ぶとなると、アロベビーが頭一つ抜けているといえるでしょう。

 

海外製のものは刺激が強かったり、匂いが強いものが多く、少し癖があるので。

 

 

 

 

 

アロベビーただれケア:まとめ

 

肌のバリア機能は、3歳頃に一人前になるといわれています。

 

赤ちゃんの肌はただでさえデリケート、その上よだれ・食べこぼし・汗などの刺激物に1日中さらされているので、ただれてしまうことも納得ですよね。

 

ちょっとした肌荒れが重症化してしまうこともあるので、気付いたときにケアしてあげられるのが一番かと思います。

 

 

『何か良いものはないかな?』とケア用品を検討されている方は、アロベビーミルクローションをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

【関連記事】