アロベビーとママアンドキッズの違いまとめ:効果からコスパまで

 

アロベビーママアンドキッズは、どちらも人気のベビーケア用品です。

 

赤ちゃんのスキンケアを検討されている方は、

 

  • どう違うの?
  • どっちがいいの?
  • お得なのは?

 

そんな風にも思いますよね。

 

そこでここでは、アロベビーとママアンドキッズの違いを比較してみました。

 

どんなスキンケアがしたいのかで、選ぶ基準が変わってきます。
思っていたのと違う!』とならない為に、事前にチェックしておきましょう。

 

 

 

アロベビーとママアンドキッズ:一目でわかる比較表

アロベビー

ママアンドキッズ
(ローション・クリーム)


※セットで使われている方が多い

【どんなケアができる?】
・保湿ケア+乳児湿疹ケア

【どんなケアができる?】
・保湿ケア重視

【成分】
・ホホバオイル
・シア脂
・イタドリ根エキス
・オウゴンエキス

【主な成分】
・スクワラン
・セラミド
・オリーブ油
・8種のアミノ酸

【使い方】
・ベビーマッサージのように、丁寧にケア

【使い方】
・保湿クリームのように、お手軽ケア

【無添加】
・着色料
・アルコール
・合成ポリマー
・鉱物油
・シリコン
・石油系界面活性剤

【無添加】
・香料
・着色料
・パラベン
・アルコール
・鉱物油
・石油系界面活性剤

【容量】
・150ml(1ヶ月分)

【容量】
・150ml

【価格】(税込)
・2,484円

【価格】(税込)
・ミルキーローション:1,944円
・ミルキークリーム:1,944円

【送料】
・648円

【送料】
・540円

【定期コース】
・初回1,058円(送料無料)
・2回目〜2,236円(送料無料)
・7回目:アロベビーシリーズ商品プレゼント
・12回目:ミルクローションビッグボトルプレゼント

【定期コース】
・なし

【返金保証】
・通常購入にのみ、30日間の返金保証あり

【返金保証】
・なし

【公式サイト】
アロベビーの公式サイト>>

【公式サイト】
ママアンドキッズの公式サイト>>

 

 

 

 

 

 

アロベビーとママアンドキッズ:それぞれの特徴や効果は?

 

どちらも赤ちゃんの保湿剤として人気ですが、成分や期待できる効果には違いがあります。

 

それぞれの特徴をチェックしていきましょう。

 

 

アロベビーは保湿+乳児湿疹のケアが可能

 

アロベビーの特徴は、『99%が天然成分』という事です。

 

その為、オーガニックにこだわられていて、『なるべく化学成分を避けたい』というママさんから人気が高くなっています。

 

 

主な成分はシアバター、ホホバオイルなどで、これらは”人の皮脂に近い成分”と言われているため、低刺激な保湿ケアが可能です。

 

皮脂には、肌に保湿膜を張り水分を閉じ込める作用がある。

 

  

 

またイタドリ根エキスやオウゴンエキスという成分が、肌の炎症を沈めたり過剰な免疫反応を鎮めるように作用してくれるため、乳児湿疹にも効果が期待できます

 

  

 

 

 

ママアンドキッズは保湿ケア重視

 

ママアンドキッズには、このようなメジャーな保湿成分が配合されています。

 

  • スクワラン
  • セラミド
  • オリーブ油
  • 8種のアミノ酸

 

これらは羊水や胎脂(たいし)に近い成分なため、赤ちゃんの肌になじみやすく、低刺激な保湿ケアが可能になっています。

 

胎脂とは、赤ちゃんが生まれてくるときに全身にまとっている”保湿膜”のようなものです。
産まれてすぐの赤ちゃんは、胎脂のおかげで乾燥を防ぐことができます。

 

補足:シリーズで併用している方が多い

ママアンドキッズはシリーズ化していて、

  • ミルキーローション
  • ミルキークリーム

この2本を併用しているママさんが多いようです。

 

※『1本では、少し保湿力が物足りない』という声も聞かれます。

 

 

 

 

 

 

結論

 

 

 

 

 

アロベビーとママアンドキッズ:安全性の違いは?

 

赤ちゃんに使うものなので、添加物への配慮なども気になるところです。

 

どちらも安全面には配慮されているので、確認していきましょう。

 

 

アロベビーの安全性

 

アロベビーはオーガニックにこだわっているという事で、世界的な基準であるエコサート認証を取得しています。

 

 

エコサートとは?

 

エコサートとは、オーガニック製品の世界的な認定機関の事。

 

  • 化学成分が5%未満
  • 95%以上が天然成分

 

といった、厳しい基準をクリアすることで取得できる。

 

ただ『成分が安全』と謳うだけでなく、しっかりと品質が認められているのは大きな安心材料です。

 

また着色料、アルコール、合成ポリマー、鉱物油、シリコン、石油系界面活性剤などの添加物を不使用。

 

刺激も少なくなっているので、安全に使うことができるでしょう。

 

※すべての人に刺激がないわけではありません。

 

 

 

ママアンドキッズの安全性

 

ママアンドキッズは、以下3つのテストを実施しています。

 

  • アレルギーテスト
  • パッチテスト
  • アトピー性皮膚炎を有する乳幼児に対しての、安全性を確かめるテスト

 

また香料、着色料、パラベン、アルコール、鉱物油、石油系界面活性剤などを使用していないので、こちらも低刺激な保湿ケアが可能になっています。

 

※すべての人に刺激がないわけではありません。

 

 

 

 

 

どちらも安全に使うことができますが、万一の事も考え、使用前にはパッチテストをしておきましょう。

 

【方法】
@脚や腕に塗布し、1〜2日様子を見る。
A肌に赤みなどの異常がなければ、問題なく使用できると判断する。

 

 

 

 

アロベビーとママアンドキッズ:使い方は違う?

 

アロベビーとママアンドキッズの使い方には、少し違いがあります。

 

 

アロベビーの使い方

 

アロベビーに配合されている植物成分には、”体温で少しずつ溶けて浸透していく”という特徴があります。

 

その為マッサージをしながら、ゆっくりスキンケアをするのが効果的です。

 

タイミングとしては、朝晩を基本に、乾燥が気になった時に塗ってあげるのが良いでしょう。

 

赤ちゃんの肌にたくさん触れることで、”脳が刺激され情緒豊かな子に育つ”と言われています。
スキンシップを図りながらスキンケアができるのが、アロベビーの特徴です。

 

 

ママアンドキッズの使い方

 

ママアンドキッズも、朝と晩のスキンケア、また乾燥が気になった時に使ってあげるのがオススメです。

 

こちらは普段の保湿ケアのようにサッと塗るだけでOKなので、『時短ケアをしたい』というママさんにオススメです。

 

また赤ちゃんの乾燥がひどい場合は、ミルキーローションとクリームを併用したり、

 

  • 朝はローションでお手軽ケア
  • 夜はローションの上からクリームを重ね塗り

 

このように使い分けるのも良いでしょう。

 

 

 

 

 

アロベビーとママアンドキッズ:どっちがお得?

 

赤ちゃんのスキンケアは、ある程度継続することになるかと思います。

 

その為、それぞれのコスパも比べてみました。

 

アロベビーミルクローション

ママアンドキッズ
(ローション・クリーム)

【単品価格】
・2,484円(送料648円)
・30日間の全額返金保証あり

【単品価格】
・ミルキーローション:1,944円(送料540円)
・ミルキークリーム:1,944円(送料540円)

【定期コース】
・初回1,058円(送料無料)
・2回目〜2,236円(送料無料)
・7回目にアロベビーシリーズ商品プレゼント(2,000円前後)
・12回目にミルクローションのビッグボトルプレゼント(4,968円相当)

【定期コース】
・なし

 

 

1本あたりの値段は、ママアンドキッズがお得です。

 

 

しかし、口コミをみると『1本では保湿力が物足りない』という声が聞かれ、ミルキーローションとミルキークリームを併用されている方が多いようです

 

そうなると、少し高くついてしまうかもしれません…。

 

 

 

 

アロベビーは単品価格が税込み2,484円と、1本あたりはママアンドキッズよりも少しお高め。

 

 

 

ただ、単品で購入した場合に限り、30日間の返金保証が利用できるので、お試ししやすくなっています。

 

 

また継続していく場合には、お得な定期コースが用意されています。

 

初回が半額以下の税込1,058円で、2回目以降も税込2,236円と割引が大きいので、続けるほどお得になっていきます。

 

 

アロベビーの定期コースは、7回目と12回目に総額5,000円以上のプレゼントもあります。

 

 

 

 

 

まとめると、

 

  • 単品の価格でいえば、ママアンドキッズがお得
  • ママアンドキッズのシリーズを併用することを考えた場合は、アロベビーがお得
  • アロベビーは、プレゼントや保証が充実している

 

このような違いがあります。

 

 

※お得な保証や特典があるのは、公式サイトになっています。

 

アロベビーの公式サイト

ママアンドキッズの公式サイト

 

 

 

 

 

アロベビーとママアンドキッズ:口コミ評価はどんな感じ?

 

成分や期待できる効果の違いも大切ですが、”実際に使った方の声”も気になりますよね。

 

最後に、アロベビーとママアンドキッズの口コミをチェックしてみましょう。

 

 

アロベビーの口コミ

 

アロベビーミルクローションは、2013年の発売から人気あり、2019年の時点でも『楽天ベビーローション・オイルランキング1位』に輝いています。

 

総合評価は★4.3と高く、口コミ数も2,603件とかなり多いため、信用できる評価と言えるでしょう。

 

 

ワセリンでは良くならず、こちらをお試し。


生後1か月の息子のおでこに、乳児湿疹ができてしまいました。
そこで口コミ評価が高かったこちらを購入。
現在2日目ですが、朝起きると赤みがすっかり治まっていました。
今までワセリンだけではよくならなかったので、こちらを試してみて良かったです。

 

翌朝には赤みが引いていた。


顔全体が真っ赤になり、ところどころブツブツが…。
見ていてかわいそうになり、オススメされていたこちらを使ってみました。
早速お風呂上りに塗ってみると、翌朝顔の赤みが引いていました。
1日で効果が出てくれたので、根気よく使っていこうと思います。

 

このように、高評価の口コミがたくさん残されています。

 

ただ、一部肌に合わなかった方もいるようなので、初めて使う際はパッチテストをしておくと安心です。

 

 

 

ママアンドキッズの口コミ評価

 

シリーズの中でも定番のベビーミルキーローションの評価を見てみると、★4.69とこちらも高評価になっています。

 

また口コミ投稿数も411件あるので、評価としての信ぴょう性も高いと言えるでしょう。

 

 

ほっぺがツルツルに。


うちの子は産まれてすぐに乾燥肌が気になり、ほっぺが赤くなりカサカサの状態でした。
そこでこちらを使ってみたのですが、しばらくするとほっぺがツルツルになり、赤ちゃんらしいお肌に変身。
いろいろな保湿剤があって迷いましたが、こちらを選んで良かったです。

 

乾燥しらず。


普段のスキンケアとして、お風呂上りに使っています。
おかげさまで乾燥しらず。
少し肌がカサカサしても、こちらを塗ると治まるので重宝しています。
このまま、キレイなお肌を維持していきたいです。

 

このように、乾燥肌の対策として使われている方が大勢いらっしゃいました。

 

癖のないスタンダードな保湿ケアができるので、皆さん重宝されているようです。

 

ただ、ママアンドキッズにも「肌に合わなかった」という声は残されています。

 

こちらもパッチテストをしておくと安心です。

 

 

 

 

 

結論
  • アロベビー:乳児湿疹のケアとしての評価が高い
  •  

  • ママアンドキッズ:保湿ケアとしての評価が高い

 

湿疹があるのか、乾燥肌をケアしたいのか…

 

赤ちゃんの状態をみて、選ぶのがよさそうです。

 

 

 

 

 

結局どっちが良いの?

 

アロベビーもママアンドキッズも、赤ちゃんのスキンケアという部分では変わりありません。

 

しかし細かく見ていくと、少し違いがありました。

 

 

アロベビーはこんなママ、赤ちゃんにオススメ

  • 保湿以外に、乳児湿疹などの肌荒れ対策にも使いたい。
  •  

  • 返金保証、割引、プレゼントなどがあると嬉しい。
  •  

  • マッサージを通して、丁寧にケアしてあげたい。

 

アロベビーの特徴は、やはり乳児湿疹のケアとして人気ということです。

 

植物性の成分が肌の炎症を抑えてくれるので、肌荒れに悩んでいる赤ちゃんは相性が良いでしょう。

 

また丁寧にマッサージしながら塗ってあげることで、赤ちゃんが落ち着いてよく寝たり、情緒豊かな子に育つのを促すことにも期待できます。

 

保証や特典が充実しているのも、アロベビーの強みです。

 

▼返金保証あり▼

 

 

 

ママ&キッズはこんなママ、赤ちゃんにオススメ

  • 低刺激で、スタンダードな保湿ケアがしたい。
  •  

  • ローションとクリームで、乾燥肌をしっかりケアしたい。
  •  

  • 忙しい育児中、手軽にケアしたい。

 

ママアンドキッズは、乾燥しがちな赤ちゃんの肌をしっかり保湿してくれます。

 

ローションとクリームを使分けることができるので、肌の状態に合わせて臨機応変な使い方ができるのも強みです。

 

またマッサージする時間がないママさんにも、お手軽にケアできるのでオススメです。

 

▼低刺激な保湿ケア▼