アロベビーは鮫肌ケアにも良いの?⇒ポイントは2つの作用

アロベビーで鮫肌ケア┃ポイントは2つの作用

 

アロベビーミルクローションは、楽天のベビーローションランキングでも1位になるほどの人気アイテムです。

 

 

赤ちゃんの肌が乾燥したり湿疹を繰り返しているうちに、鮫肌のようにザラザラとなってしまうことがあります。

 

そんな鮫肌のケアにも、アロベビーは有効なのでしょうか。

 

ここではその辺りを、詳しくまとめてみまいた。

 

アロベビーの成分を見ていくと、鮫肌ケアのポイントになる2つの作用がありました。
是非参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

鮫肌になるのはなぜ?原因がわかると対処法が見えてくる

 

まずはじめに、鮫肌について少しだけ触れさせてください。
原因がわかれば、対処法が明確になるはずです。

 

 

産まれて間もない赤ちゃんは、ママのホルモンを受け継ぐ影響で皮脂が大量に分泌されます。

 

その為、生後3ヶ月くらいまでは肌が乾燥することはありません。

 

しかし、それ以降になると急激に皮脂が減り、肌は乾燥傾向へと変化してしまいます。

 

この乾燥やそれによる湿疹(乾燥性湿疹)を繰り返すことで肌はザラザラになり、鮫肌にのように・・・

 

 

つまり、”鮫肌の主な原因は乾燥”という事なので、保湿ケアが主な対処法となります。

 

肌は乾燥することでバリア機能が低下するため、ホコリ・汗・食べこぼし・よだれなどの刺激を受けやすくなり、湿疹が悪化することもあります。
赤ちゃんでも大人でも、肌を保湿することがスキンケアの基本という事ですね。

 

 

このことを参考に、アロベビーに期待できる効果を見ていきましょう。

 

 

 

 

 

アロベビー:鮫肌ケアにおける2つの作用

 

アロベビーの成分の特徴は、”天然由来の成分が豊富”ということです。

 

乾燥する地域に生息する植物が主な原材料になっているので、わずかな水分でもしっかりと保持してくれる作用を持っています。

 

また植物自体が持つ効能も活かされているので、保湿以外に肌の炎症を抑えてくれる効果にも期待できます

 

例えば…

  • ホホバオイル:乾燥地域に生息する植物から抽出され、高い保湿力を持つ。ベビーマッサージの定番オイル。
  •  

  • シアバター:保湿力に優れていることの他に、紫外線によるダメージをケアしたり、傷ついた肌の修復を促す。
  •  

  • オウゴンエキス:肌の炎症を抑えることで、肌荒れを落ち着かせる。
  •  

  • イタドリ根エキス:肌の炎症を抑えつつ、免疫機能を整える。

 

このような感じです。

 

 

鮫肌は、『乾燥して肌のバリア機能が低下している状態』とも言えるので、些細な刺激が湿疹へとつなります。

 

その為、”保湿と肌荒れを落ち着かせてくれる”という2つの作用を持つアロベビーは、鮫肌のケアに向いているといえるでしょう。

 

市販されているベビーローションは保湿のみ行うものが多いので、肌荒れも同時にケアできるという事がアロベビーの強みです。

 

 

 

 

 

鮫肌ケアの基本は保湿ですが、一度バリア機能が弱ってしまった場合、それだけではなかなか改善しないことも多いです。

 

保湿しながら、悪化しないように肌を整えていく事が大切”ということですね。

 

 

 

 

 

鮫肌がひどくなると…

 

繰り返しになりますが、鮫肌は肌が弱っている状態です。

 

ザラザラしているだけならまだ良いですが、放っておくとアレルギーなどに発展することもあります。

 

例えば…

  • 顔が鮫肌のようにザラザラになり、そこに食物がついて接触性のアレルギーを起こしてしまった
  •  

  • そのアレルギーが重症化し、アトピーに発展してしまった

 

このようなケースも実際にあります。

 

 

赤ちゃんの肌は大人の半分しかない”といわれているので、それだけ乾燥しやすくデリケートです。

 

些細な刺激にも過敏に反応してしまうので、異変があった場合は、早めに対策をしてあげましょう。

 

 

 

 

 

国立成育医療研究センターの研究によると…

 

新生児から全身の保湿ケアをしていると、アトピー性皮膚炎の発症率を30%減少抑えられる

 

という結果が出ています。

 

将来トラブルに悩まない丈夫な肌を作るために、できることをしてあげたいですよね。

 

 

 

 

 

鮫肌予防:アロベビー以外にも大事なこと

 

月並みはありますが、鮫肌予防に有効な生活習慣などをまとめておきます。

 

 

よく眠る

 

寝ている間に肌の代謝(ターンオーバー)は活発になり、新しい細胞が生まれていきます。

 

乾燥してる部分はターンオーバーが遅れがち・・・

 

入浴後など就寝前にしっかり保湿して、できるだけ睡眠を確保してあげるようにしましょう。

 

 

 

清潔を心掛ける

 

生後3ヶ月までは、皮脂の分泌量が多い時期です。

 

ギトギトした不潔な環境は細菌の増殖を促し、肌トラブルの原因になってしまいます。

 

寝具やタオルなどは、なるべく頻繁に取り換えてあげましょう。

 

肌トラブルを繰り返すことでも鮫肌のようになっていきます。
清潔にすることも、スキンケアの一部ですね。

 

 

 

ママの食事にもちょっとだけ注意

 

ママの栄養は、母乳から赤ちゃんに行きます。

 

中でもビタミンAは肌の修復に関わっているので、乾燥して荒れてしまった肌には大切な栄養素です。

 

日本人は緑黄色野菜からのビタミンA摂取が多い』といわれているので、色鮮やかな野菜を少し多めに摂取するのがオススメですよ。

 

 

育児の負担にならない範囲で、取り入れてみてください。

 

 

 

 

 

まとめ:アロベビーで鮫肌ケア

 

鮫肌ケアの基本は”保湿”ですが、同時に湿疹などの肌トラブルを予防することや落ち着かせることも大切になります。

 

アロベビーは保湿と肌荒れのケアを1本で行えるので、鮫肌のケアにもオススメです。

 

 

赤ちゃんの肌トラブルにお悩みの方は、検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

アロベビーの公式サイトから単品購入した場合に限り、30日間の全額返金保証”が利用できます。

 

初めての方にも安心の保証かと思いますので、よければチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

【関連記事】