アロベビーは顔にも使える?⇒湿疹やアトピーがある場合は要注意

アロベビーは顔にも使える?⇒湿疹やアトピーがある場合は要注意

 

赤ちゃんの肌荒れケアとして人気のアロベビーミルクローション。

 

乳児湿疹には顔にできやすいタイプ(新生児ニキビやよだれかぶれ)もあるので、

 

  • 顔にも使えるの?
  • 湿疹があっても大丈夫?
  • 塗る際の注意点は?

 

このような疑問や不安が浮かびますよね。

 

赤ちゃんの肌はただでさえデリケートな上に、顔は皮膚が薄い場所

 

そんな場所にも安心して使うことができるのかを、ここではまとめてみました。

 

安心してスキンケアに取り組めるよう、良ければ参考にしてください。

 

 

 

 

 

アロベビーは顔に使っても大丈夫?

 

顔にも安心して使用できる

 

アロベビーの一番の特徴は、99%が天然由来成分であることです。

 

 

食用としても使われている成分を多く配合しているので、全身の保湿ケアをこれ1本で行うことができます。

 

楽天やアットコスメの口コミを見てみても、【口の周りやまぶたの乾燥・耳周りの湿疹】などに使用されている方の声はたくさん残されているので、顔にも問題なく使用することができます。

 

他にも、

 

  • アルコール・シリコン・ポリマー・鉱物油・石油系界面活性剤など、肌への刺激となる添加物不使用
  •  

  • オーガニック製品の品質・安全性を示す世界的な基準である”エコサート認証”に合格している

 

このような安心材料もあります。

 

コラム

アロベビーには、ホホバオイル・シアバター・オリーブ油といった植物由来の保湿成分が豊富に配合されています。

 

実はこれらの成分は、赤ちゃん用リップクリームにもよく配合されているものです

 

唇のケア用品と成分が似ているということからも、安全性は高いといえるでしょう。

 

 

パッチテストをしておくと安心

 

アロベビーに限ったことではありませんが、全員の肌に合うケア用品はありません。

 

万一肌に合わない場合も考えられるので、パッチテストを実施しておくと安心して使うことができます。

 

@アロベビーを腕や足などの一部に塗る

 

A24〜48時間肌の様子を見て、赤くなったりかゆそうにしていないかをチェックする

 

Bなにも無ければ問題なく使用でき、異常が診られれば中止する

 

 

 

一部の口コミには、『半日くらいしてから赤みが出てきた』といったコメントも残されています。

 

塗ってすぐ判断するのではなく、少なくとも1日以上は様子を見るようにしましょう。

 

段階を踏むのであれば、『最初は手足 ⇒ 次に耳の裏 ⇒ 最後に顔』というように、肌が厚い場所からデリケートな場所に移動しながらパッチテストを行うと、より安心して使うことができると思います。

 

 

 

 

 

顔に使う際の注意点(塗り方や湿疹があるときの使用について)

 

アロベビーを顔に使う際には、いくつかの注意点があります。

 

 

塗り方と塗る量に気を付ける

 

肌の表面の角質層は、ティッシュ1枚ほどの厚さしかないといわれています。

 

なのでゴシゴシと塗った場合、簡単に傷ついてしまいます。

 

アロベビーを塗る際は、表面をなでるように塗ってあげるのがコツです。

 

 

また塗る量に関してですが、角質層が吸収できる成分には限りがあるので、あまりこってり塗ってしまうことも肌には負担になります。

 

薄く塗り広げられる量を目安に、使用するのがオススメです。

 

 

湿疹やアトピーがある場合は…

 

アロベビーに配合されているイタドリ根エキスやオウゴンエキスには、免疫調整や炎症を抑える作用があります。

 

その為、軽い湿疹や肌荒れに対しては効果が期待できます

 

 

しかし、浸出液が出ているほど乳児湿疹・アトピー症状が重度の場合は、アロベビーの成分も流れてうまく塗れません。

 

また、、アロベビーそのものが肌を刺激してしまう可能性もあります。

 

症状がひどい場合は、一時的にでもお薬で症状を落ち着かせ、それからアロベビーで予防していくという方法が安全でお勧めです。

 

 

  • 少しかゆみがある
  • 赤みがある
  • 乾燥して粉っぽい

 

このような状態の時は、アロベビーを使っても問題ありません。

 

 

 

 

 

アロベビーは、顔から発症するアトピー予防にオススメ

 

アトピー性皮膚炎は、本来なら反応することのないほどの刺激にも、肌が過剰に反応してしまう状態です

 

きっかけは様々で、

 

  • ホコリ、ハウスダスト
  • 雑菌・ダニ
  • 食物アレルギー

 

といったものが肌を刺激することで、症状が悪化してしまうことが多いです。

 

 

そして意外にも、アトピーは顔から発症するというケースが多く見られます

 

その理由は、

乾燥してバリア機能が低下した口周りに食物が触れることで、アレルゲンが皮膚から体内に侵入。

 

それがきっかけて、過剰にアレルギー反応を起こしてしまう。

 

このような背景があるためです。

 

 

これを予防するには、”肌のバリア機能を向上させ、些細な刺激に対して反応しないようにする”ということが大切で、それには”保湿されて肌が十分潤っている”ことが条件になります。

 

アロベビーは低刺激と高保湿が特徴なので、口の周りの乾燥ケアに貢献してくれて、それがアトピー性皮膚炎の予防につながるということです。

 

 

 

 

乾燥や乳児湿疹のケアからアトピー予防まで、アロベビーは幅広い顔の肌トラブルにアプローチしてくれます。

 

 

 

 

 

まとめ

 

アロベビーは低刺激な保湿剤なので、

 

  • 肌に合わない
  •  

  • 肌の炎症がひどい

 

このような場合でなければ、顔にも問題なく使うことができます。

 

 

また口コミを見ていると、保湿効果よりも『乳児湿疹に効果的』という声が多いのも特徴です。

 

これには・・・

市販されているベビーローションの多くは、”保湿”のみに重点を置いているのに対して、アロベビーは1本で【保湿・免疫調節・炎症を抑える】という効果にも期待ができる。

 

そんな理由が隠れているといえます。

 

 

  • 顔の乾燥をケアしたい
  •  

  • 乳児湿疹を予防したい、悪化させたくない
  •  

  • アトピーを予防したい

 

そんな方は、アロベビーミルクローションを検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

【関連記事】