アロベビーは唇の乾燥に使える?⇒成分に見る意外な事実

アロベビーは唇の乾燥に使える?成分にみる新事実

 

赤ちゃんのスキンケアとして人気のアロベビーミルクローション

 

楽天のベビーローションランキングで1位にいなるなど、人気アイテムとなっています。

 

 

そんな中、「アロベビーはにも使えるの?」そんな風に悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこでここでは、乾燥しがちな唇のケアにもアロベビーが使えるのかを、まとめてみました。

 

アロベビーの成分を見ると、意外な事実が判明しました
是非参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

アロベビーミルクローションは唇にも使える?

 

赤ちゃんの角質は大人の半分しかないと言われ、唇はその中でも肌が薄い場所。

 

そんなデリケートな部分にも、アロベビーは使えるのでしょうか。

 

↓↓↓

 

よく『ベビーローションはリップ代わりになる』と言われているので、アロベビーも問題なく使う事ができます。

 

新生児から全身のケアに使える”というのが1つのウリでもあるので、唇や口周りの乾燥などが気になった場合は、使ってあげてOKです。

 

 

 

また最近では赤ちゃん用のリップ等もあり、舐めても害のない成分が配合されています。

 

メジャーな成分は、

 

  • ホホバオイル:保湿力が高く、ベビーマッサージの定番オイル
  •  

  • シアバター:水分をしっかり閉じ込めると共に、荒れた皮膚を修復する
  •  

  • オリーブ油:母乳や皮脂に近い保湿成分で、安心して使うことができる

 

このような植物由来のものが多く、実はこの3つ成分はアロベビーにも配合されています

 

 

アロベビーミルクローションは、赤ちゃん用のリップに近い成分配合になっている

 

ということも、唇に使う際の安心材料になるのではないでしょうか。

 

アロベビーは、99%以上が天然由来成分となっています。
赤ちゃん向けのブランドであるため、舐めてしまうことも想定して開発されています。

 

 

 

 

 

赤ちゃん用のリップを購入するのも良いですが、

 

  • 手元にアロベビーがある
  •  

  • 全身のケアの一環として、唇もケアしたい

 

そんな方は、アロベビーミルクローションを使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

アロベビーを唇に使った方の口コミ

 

次は、実際にアロベビーを唇ケアに使った方の口コミを見ていきましょう。

 

3日ほどで唇の赤みが引いた


娘が6ヶ月の頃、歯が生え始めたせいかよだれの量が急激に増えました。
ハンカチで拭き取ったりしていましたが、唇は荒れる一方。
舐めて拭いてを繰り返していたので、乾燥してカサカサになってしまいました。
我が家ではアロベビーを使っていたのですが、意識して唇に塗ったことがなかったので塗ってみると…
3日ほどで、赤みが落ち着いてくれました。
よだれは相変わらず多いので拭き取っていますが、赤みが悪化しなくなったので助かっています。

 

きれいな唇に戻ってくれた


赤ちゃんが指しゃぶりを始めたのをきっかけに、唇が乾燥し始めました。
ベビーローションはリップ代わりになると聞き、早速こちらを使ってみると、キレイな元の唇に戻ってくれました。
天然成分が主ということで、安心して使えています。

 

アロベビーは全身用のベビーローションなので、唇に使用した方の口コミはそこまで多くありません。

 

ですが、実際に効果を実感されている方もいらっしゃいました。

 

よければお試ししてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

普段からアロベビーを使っている方なら大丈夫ですが、初めて使う場合は、念のためパッチテストを実施しておきましょう。

 

【パッチテスト】
@腕や足にアロベビーを塗布
A24〜48時間放置し、肌に赤みなどが出なければ問題なく使用できると判断する

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

市販されているものは保湿だけを行うものがほとんどですが、アロベビーは保湿と肌荒れのケアを同時に行うことができます

 

乳児湿疹に対する評価が高くなっているのですが、それは植物由来の成分が炎症を抑える作用を持っているからです。

 

唇の乾燥だけでなく、ただれてしまった場合に使うのもオススメですよ(^^)

 

 

 

 

検討されている方は、公式サイトがオススメです。

 

単品購入(1本)した場合は”返金保証”が利用できるので、万一の場合も安心かと思います。

 

定期コースは保証の対象外です。

 

よければ参考にしてください。

 

 

 

 

 

【関連記事】