乳児湿疹とキンダベート軟膏┃効果・副作用・安全性まとめ

 

1歳になるまでにできる湿疹を総称して”乳児湿疹”と言います。

 

多くの赤ちゃんがこの乳児湿疹に悩み、中には病院で薬を処方してもらう場合もあるでしょう。

 

 

その中でも良く出される薬が、キンダベート軟膏といわれるステロイド剤です。

 

ステロイド”ということで、赤ちゃんの肌を心配するママさんからすると、

 

  • どんな効果が期待できるの?
  •  

  • 刺激が強いって聞くけど大丈夫?
  •  

  • 副作用の心配は?

 

そんな疑問や不安がありますよね。

 

そこでここでは、ステロイド剤の1つであるキンダベートと乳児湿疹についてまとめてみました

 

安心してスキンケアができるよう、良ければ目を通してみてください。

 

 

 

 

 

乳児湿疹の種類や原因について

 

キンダベート軟膏の安全性や作用を確認する前に、少しだけ乳児湿疹についてまとめておきます。

 

 

乳児湿疹は、時期によて大きく2つに分けられます。

 

産まれて3ヶ月くらいまでの赤ちゃんは、ママのホルモンを受け継ぐ影響で、皮脂が過剰に分泌されます。

 

その為、皮脂の分泌腺が多いおでこや頭皮に湿疹ができやすいです

 

【この時期に見られる湿疹】

  • 乳児脂漏性湿疹
  • 新生児ニキビ

 

 

そして3ヶ月以降になると、今度は皮脂の量が極端に減るため肌は乾燥し、乾燥性湿疹というものに悩まされるようになります。

 

皮脂が原因の湿疹は顔や頭部に多かったのに対して、乾燥由来のものは胴体や手足にできやすいというのが特徴です。

 

乾燥した肌に加え、服とこすれる場所に湿疹ができやすくなっています。

 

 

 

 

 

このように乳児湿疹は、皮脂によるものと乾燥によるものの2つに分けられます。

 

それぞれ原因が異なるので、スキンケアの対応は以下のように異なっています。

 

  • 皮脂が原因の乳児湿疹:清潔にした後に保湿する
  •  

  • 乾燥が原因の乳児湿疹:保湿ケアに徹する

 

しかし肌の状態はどちらも炎症となっているので、共通してステロイド剤が処方されるということです。

 

次は、ステロイド剤であるキンダベート軟膏についてご紹介していきます。

 

 

 

 

 

キンダベート軟膏について

 

まずは、キンダベート軟膏について確認していきましょう。

 

 

キンダベートの刺激の強さは?

 

キンダベートはステロイドです。

 

そしてステロイドの段階は、刺激の強さで以下の5段階に分けられています。

 

  • Weak(弱い)
  • Medium(中間)
  • Strong(強い)
  • Very Strong(とっても強い)
  • Strongest(最も強い)

 

そしてキンダベートは、Medium(中間)に相当します。

 

刺激がそれほど強くないステロイド剤ということで、よく処方されるという事にも納得ですね。

 

アトピー性皮膚炎の敏感な肌、皮膚が薄い顔や陰部のケアにも使われるので、刺激性はそれほど強くありません。

 

 

期待できる効果は?

 

どんな効果が期待できるのかというと…

 

  • 抗炎症作用
  •  

  • 抗アレルギー作用

 

これらの作用により、乳児湿疹の炎症を抑えることに貢献してくれます

 

 

使用上の注意について

 

キンダベートは薬剤なので、副作用のリスクも潜んでいます。

 

具体的には…

かゆみ、湿疹・発疹の悪化、赤みが出る、蕁麻疹、アレルギー …など

 

基本的には医師の指示通り使うことになりますが、万一異変が起きた場合は、すぐにかかりつけ医に相談しましょう。

 

 

注意点に関する補足@

過去に薬でかゆみなどが出た方、皮膚の潰瘍・やけど・凍傷、皮膚感染などがある場合は使用できないので、注意してください。

 

また、妊娠中や授乳中のママさんの使用も勧められていません。

 

ママに湿疹ができても、一緒に使うのは避けましょう。

 

 

注意点に関する補足A

他の薬と併用した場合、作用を過剰に発揮したり弱めたりする影響を及ぼすことがあります。

 

市販されている薬と併用する際も、一度医師に相談してからにしましょう。

 

 

 

 

 

キンダベート軟膏は『刺激性は強くない』とされ、よく処方されるステロイド剤です。

 

しかし肌に合わない場合や副作用のリスクもあるということを念頭に、使っていくのが良いでしょう。

 

はじめは少量ずつ使ったり、腕や足でパッチテストしておくと安心です。

 

 

 

 

 

最後に

 

乳児湿疹の炎症を抑えるというだけであれば、キンダベートなどのステロイドを使うだけでOKです。

 

しかしその場しのぎのケアになってしまうことも多く、肌が弱いままだったり原因が解決されなければ、湿疹を繰り返す可能性もあります。

 

 

 

当サイトでは…

 

ステロイド剤ほど強力ではありませんが、湿疹の炎症を抑えながらスキンケアで肌を丈夫にすることに貢献してくれるベビーローションを、口コミの真相を確かめながらご紹介しています。

 

『乳児湿疹を繰り返さないように、何か良いものを探している』そんな方は、よければ参考にしてください。